備忘録

【備忘録】6月の振り返り

備忘録を書くことにしました。
6月の振り返りを簡単にメモしておきます。

プログラミング学習

4月から人生のロードマップを作り、職種はプログラミングを選択。中旬から独学での学習を始め、2ヶ月が経った。
6月は、もくもくと練習用課題のLPコーディングの練習をした。
後半には3つ目のLPに着手。学習時間の波はありつつも、さらにハンバーガーメニューなどのjQueryも取り入れたコーディングに挑戦。
ハンバーガーメニューの動きには感動・・・!
コードの答え合わせは後ほどにして、ガタガタなコードを直す時間もあり、それもまた学習。そして楽しい!と感じながらやっています。
慣れを感じつつ、サイトの設計も踏まえて、効率的に制作が出来たらなと思っているところ。

自分の特性

また、自身の特性についても、とても考え始めた月でした。
今まで「出来ない」や「向いていない」と思ったこともなく「やるか?やらないか?」で選択してきた気がするので、自覚することがなかったのです。
「自分に向いてないことがあるのか。弱み、それはどう向き合おうか?」と考え始めたのです。

なかなか気になるが、思考経路のこと。
体調不良の初期はかなりボロボロでいたなあと思います。
4月の「人生のロードマップ作り」をしてから、かなり頭がスッキリし、タスクを可視化できるようになりました。
しかし、自分のワーキングメモリの小ささに苦しいなあと思う瞬間が多いのです。
どうにか出来ないものか?症状の一つとはいえ、「具体的な解決策を知りたい!」と思い、とある本を読みました。

一過性とはいえ、症状がADHD傾向にあるので、かなり解決策が具体的になりました。
数ある中対処しつつ、まずは基本的な「メモをする」ことを再徹底していこうと思っている。
自分のワーキングメモリを圧迫することなく、記憶は外に記録しておこう、ということです。
そして読書や考え事、アイディアさえも、その場でメモをしなければ、数日後にはきっかけがないと思い出せない状況なので、
備忘録を都度書いていこう、と思ったのです。
こうして文章を書けるようにもなったとも感じている。
症状が落ち着いたとしても、自分の特性として今後も付き合っていくつもりでいる。

ひとまず、学習と自分の特性についての振り返り。
7月の目標も決めてあるので、また後日。