MTG Walker(旧ブログ)時代の記事

【テーロス還魂記】03月27日のシールドデッキ

今日のプール

カードの一覧はこちらから(コピーすればアリーナ(英語)にインポートできます。)

TERASHIが構築したデッキ

プールを見てまず思ったのは、除去や火力が少ないということ。
《死の飢えのタイタン、クロクサ/Kroxa, Titan of Death’s Hunger》を除いて、決定力のあるレアカードもない。

いくつかのアーキタイプを考えてみたが、それぞれの理由で却下した。

  • 白青…地上を固めるクリーチャーと飛行クリーチャー、《圧倒的洞察/Staggering Insight》がある。
    ただし決定力のあるクリーチャーがいないこと、除去が少ないことから、終盤巻き返される可能性が高いと考え却下。
  • 青赤…飛行クリーチャーと《悪戯なキマイラ/Mischievous Chimera》がある。
    「各対戦相手の各ターン内で初めてあなたが呪文を唱えるたび」の効果をもつカードが少ないため、この色のアーキタイプとして成立しないと考えた。
  • 黒緑…《墓破りのラミア/Gravebreaker Lamia》《ナイレアの介入/Nylea’s Intervention》《狼のまとい身/Mantle of the Wolf》と、最も多くのレアを使えるのがこの色。
    脱出持ちのクリーチャーも《死の国の突撃馬/Underworld Charger》《ファリカの落とし子/Pharika’s Spawn》《大食のテュポーン/Voracious Typhon》《毒々しいキマイラ/Loathsome Chimera》と粒ぞろい。
    ただし、やはり除去が少ないため、テンポ面で大きく不利がつく可能性があり、断念。

長期戦になると除去の差で負けることが見えるので、短期決戦を狙えるデッキを構築する必要があると考えた。
プールを眺めた結果、おそらく最速であり、ある程度パワーもある赤黒を選択した。

関連リンク