MTG Walker(旧ブログ)時代の記事

【今日のドラフトデッキ】白青赤サイクリングで2-3【2020年5月03日】

今回からプレイの様子を動画にしました
【ドラフト攻略】『イコリア:巨獣の棲処』で勝つための全情報【リミテッド】こんにちは、こたえです。 普段はカジュアルでMTG ARENAを楽しんでいます。 先月(4月)のランクは、構築・リミテッドともに...

今回はクイックドラフトに挑戦しました。ダイヤモンド・ランクを目指し奮闘中!

使用デッキ:白青赤サイクリング

なんでこの結果に?

強力なレアがないのにジェスカイをやったから。

ピックから振り返ります。

デッキの構築について

ピックについて

ピックは以下ので行いました。改めて動画を見返して、変更の余地がある部分は赤字で選ぶべきカードを記載します。

いい滑り出しで、赤白を目指すことができそうだった。
トークン生成が取れていないなら、活躍するか分からない《怪物の兵器化/Weaponize the Monsters》よりも潰しの利くサイクリングカードをピックすべきだった。
また、この手番では《雷猛竜の襲撃/Blitz of the Thunder-Raptor》よりも、腐ってもクリーチャーの《呪文喰いクズリ/Spelleater Wolverine》を確保した方がよかった。
白・赤を選んでいる時点で、緑は使うべきではないの。どちらも使わないにせよ、《万能のブラッシュワグ/Almighty Brushwagg》よりは《予想外の牙/Unexpected Fangs》をピックしたほうがよかったかも。

まだ色を固定する必要もなく、2色に絞る必要もないため《ネスロイの神話/Mythos of Nethroi》をピックすべきだった。
(思えばここが、ジェスカイを選ぶきっかけになってしまった。猛省。)
《脱出の儀礼/Escape Protocol》も弱いカードではないが、デッキのクリーチャーの質が高くないため余裕のある手番で《雲貫き/Cloudpiercer》などの大型クリーチャーを集めておいた方がよかった。

2パック目で血迷って青を触った結果、ピックの基準がズレ始めているのを感じる。
ジェスカイをやるならば、《交感の力/Channeled Force》は流してはいけなかった。

もしもこのようにピックしていたら、サイクリングを軸にしたマルドゥになっていました。

デッキが全体的に骨太になりました。
確定除去も増え、フィニッシュ手段のバリエーションも多いですね。

試合を振り返って

ゲームを決める手段が《不吉な海/Ominous Seas》だったりと、盤面は固められるものの早急にゲームを終わらせることができず、結果的に相手のカードパワーに押され敗北することが多かったです。
また赤白サイクリングはクリーチャーの線が細く、相手の《死の重み/Dead Weight》が《致命的な一押し/Fatal Push》さながらの活躍でした。

死の重み致命的な一押し/Fatal Push

除去とデッキパーツを集めることに気を取られすぎた結果、フィニッシャー不足に陥ったため勝ちきれませんでした。

ARENA特有のミスですが、《検問官/Checkpoint Officer》でタップするタイミングを誤って見送ってしまい無駄なダメージを受けることが何度かありました。
彼が場にいるときは、相手の戦闘前メインフェイズにチェックを入れておくなど、工夫した方が良さそうです。

今回は負けてしまいましたが、事前にしっかり仮説を立てておいたおかげで、実践→検証の流れがスムーズでした。
なぜ負けたのかをしっかり言語化できたことは何よりの収穫です。

参考リンク

イコリア:巨獣の棲処 についての当ブログの記事

イコリア:巨獣の棲処 製品情報関連

イコリア:巨獣の棲処 イベント関連

世界背景などについて

ルールやメカニズムなどについて

セットの開発について

随時、更新予定です!