MTG Walker(旧ブログ)時代の記事

【今日のドラフトデッキ】失敗サイクリング 3-3【2020年05月09日】

今回のプレイ動画
【ドラフト攻略】『イコリア:巨獣の棲処』で勝つための全情報【リミテッド】こんにちは、こたえです。 普段はカジュアルでMTG ARENAを楽しんでいます。 先月(4月)のランクは、構築・リミテッドともに...

今回はクイックドラフトに挑戦しました。ダイヤモンド・ランクを目指し奮闘中!

今回のランク変動

プラチナTier3から変動なし

使用デッキ:白赤サイクリグ(失敗)

なんでこの結果に?

【イコリア:巨獣の棲処】ドラフトデッキ『白赤サイクリング』を知ろう!【ドラフト攻略】“にある各パーツの最低枚数を満たしたデッキが構築できませんでした。

具体的には、除去カードがあと3枚必要でした。

ピックが終わった時点で「このデッキでは勝てないだろう。2~4勝か」といった印象でしたので、今回の負けは非常に妥当だと感じています。

ピックから振り返ります。

デッキの構築について

ピックについて

ピックは以下ので行いました。改めて動画を見返して、変更の余地がある部分は赤字で選ぶべきカードを記載します。

ピックを振り返って

3-2で《銅纏いののけ者、ルーカ/Lukka, Coppercoat Outcast》に目を眩ませて以降、ピックがガバガバになっていますね…

神話に目が眩む
光に目が眩む/Caught in the Brights
神話レアを追っているドラフトプレイヤーは、他の一切が目に入らないようだ。それが自身の戦績に係わることであっても。

3-5で《刃による払拭/Blade Banish》を流していた(目にも入っていなかった)のが特に大きなミスでした。

1stピックを2回誤ったため、デッキを思うような形にできませんでした。

採用したカードの評価

《孤児護り、カヒーラ/Kaheera, the Orphanguard》
孤児護り、カヒーラ/Kaheera, the Orphanguard

白赤サイクリングには、カヒーラの指定するクリーチャータイプは基本入らないため、3マナ3/2警戒以上の仕事をさせることはできませんでした。
《死の重み/Dead Weight》や《火の予言/Fire Prophecy》など、コモンの除去で簡単に対処されてしまうため、仮にクリーチャータイプが一致していても扱いづらいのかも知れません。

試合を振り返って

攻め手に使えるカード、除去がデッキ内に2枚ずつしかないため、相手の脅威に対処できず負ける展開が続きました。

除去が取れないときは、少しでもレシオのいいクリーチャーを採用して戦闘で勝てるようにしておかなければなりません。
1パック目の段階でその傾向はあったので、《雲貫き/Cloudpiercer》《獰猛なゴリトラ/Ferocious Tigorilla》は集めるべきでした。

少し逸れますが、勝った回よりも奮わなかった時のほうが検証の甲斐があり、ブログを書くのが楽しいです。

今回は3勝3敗だったためランクの変動はゲージを含めてなく、いい勉強の機会にできたと思います。

次回も白赤サイクリングの決め打ちをするつもりです。今回の反省を活かし、よりよい戦績を収められるようにがんばります。

それでは、よいドラフトライフを!

参考リンク

イコリア:巨獣の棲処 についての当ブログの記事

イコリア:巨獣の棲処 製品情報関連

イコリア:巨獣の棲処 イベント関連

世界背景などについて

ルールやメカニズムなどについて

セットの開発について

随時、更新予定です!