MTG Walker(旧ブログ)時代の記事

【今日のドラフト】4月23日のMTGアリーナドラフト

今後のドラフト環境考察用にその日にMTGアリーナでドラフトした結果を振り返っていきます。プレイするのは基本的にはプレミアドラフトです。

日記やメモも兼ねて、とにかく思ったことを自由に書きます。

イコリア発売前に書いたドラフトアーキタイプ予想は こちら
【イコリア:巨獣の棲処】ドラフトのアーキタイプ予想してみた!

青緑タッチ白 2-3

プレイヤー:ysys
結果:2-3
ランク帯:プラチナティアー2

ピックの流れ

  • 1パック目は《ヴァドロックの神話》からスタート。青緑に黒をタッチするつもりで動くが、決め手となる変容クリーチャーが流れてこない。白や黒にも行けるように触っていたが色が定まらない。
  • 2パック目では白や赤のカードをスルーしつつ、青緑のカードを集める。水晶も取ってマナ基盤もおおむね完成。
  • 3パック目で《光明の繁殖蛾》をピック。ほとんどカードを取っていなかったうえにマナ基盤もないので白をあきらめかける。緑青だけでは地味なプールで、黒にも有力な除去が少なかったため白のカードを取りたかったが流れてこない。
  • 3パック目ごろ気づいたが、1巡目には緑や青のカードが来るものの、赤白のカードは少なかった。反対回りでは逆に青のカードは少なく赤や白のカードは流れてきていた。つまり自分の右側には赤や白を選んだプレイヤーが多く、左側には緑・黒・青のプレイヤーが多かった。
  • 2パック目にこのことに気づいて赤もしくは白のカードを取っていれば結果が変わっていたと思う。(3パック目の《光明の繁殖蛾》を見てからのことなので白に関してはなんとも言えないが、《ヴァドロックの神話》を持っていたので赤は選択肢に入れておいたほうがよかった。)

試合内容

  • マナを伸ばすために採用した《ファーティリド》は安定感のある活躍。早めのターンに《蜂蜜マンモス》を着地させることができた。変容する前提でピックした《ファーティリド》含め小型クリーチャーが何もできず立ち尽くすことが多かった。
  • 除去が少なめだったこともあり、《蜂蜜マンモス》や大型の《キヅタの精霊》を出してもそのまま勢いをつけられず、膠着してしまうこともあった。パワー不足を感じて途中、タッチの色を黒から白に変更。
  • 《ブロコスの神話》は序盤に引きたくないカードなので採用しなくとも良かったかもしれない。ピックしたタイミングでデッキにクリーチャーが少なければクリーチャーを優先したほうがいい。回収できるのがパーマネントなので、エンチャントや土地など選択肢が多ければより有効だと思う。墓地を肥やすカードと合わせれば多少評価も上がるか。
  • 《光明の繁殖蛾》は勝負を決める強さがあるがチャンプブロックされたり《光明の繁殖蛾》の攻撃が通っただけでは盤面への影響がほとんどない。他にも圧力になるクリーチャーが出ているか、《光明の繁殖蛾》を守るカードが手札にある状態で出したい。

赤白アグロ 7-2

プレイヤー:ysys
結果:7-2
ランク帯:プラチナティアー2→1

ピックの流れ

  • 《さまよう怪物、イダーロ》をファーストピック。《願い与えの加護》《雄々しい救出者》《検問官》など汎用性の高い赤、青、白のカードをピックしていく。
  • アグロ寄りのカードが集まってきたので2パック目でも赤と白のサイクリング持ちを集めていく。サイクリング持ちが取れないときは人間関係のカードをピック。
  • 最終的にそれなりにアタッカーは取ることができたが、サイクリング持ちと除去が少ない印象。《平和な心》がないので除去しながら攻めるのは難しい。人間がかなり多くなったので《聖域封鎖》や《防衛線の兵長》がもう少し欲しかった。

試合内容

  • 緑や黒のミッドレンジを仮想敵としていたが、対戦したのはほとんどが同型の赤白や赤青のアグロデッキや、白黒の人間デッキだった。
  • 土地は最初16枚だったがフラッドすることがあったので、14枚まで減らしてみた。3マナまで伸びれば十分戦えるもののかなりキープが難しくなったため最終的に15枚で落ち着いた。
  • 相手が早めに大型クリーチャーを出してきても、同じ位の速度のアグロが相手でも《聖域封鎖》を入れて人間に寄せたほうが制圧力があると感じた。特に同型が相手の場合は《聖域封鎖》と《揃った突撃》の有無が勝敗を分けた。
  • 《トゲマーモセット》は序盤タフネス3以上のクリーチャーがいても攻撃が通ることが多いのが偉かった。逆に人間とのシナジーがないので今回のような場合だと終盤は存在感が薄くなりがち。
  • 《さまよう怪物、イダーロ》はほぼ序盤から中盤の盤面を維持するためのサイクリング用で、レアとしての制圧力は感じずらい。差し替える程ではないが、手番によって優先度は下がると思う。
    • 第4形態がかっこよかったので満足はしている。

参考リンク

イコリア:巨獣の棲処 についての当ブログの記事

イコリア:巨獣の棲処 製品情報関連

イコリア:巨獣の棲処 イベント関連

世界背景などについて

ルールやメカニズムなどについて

セットの開発について

随時、更新予定です!